おつまみにもピッタリの豚キムチ

豚キムチ

おつまみにもピッタリの豚キムチを作ってみる

ビールや焼酎などのお酒にはおつまみが必須アイテムとなりますが、そんなおつまみとして最適なメニューがあります。それが豚キムチです。豚キムチはその名前の通り、豚肉とキムチを簡単に混ぜてちょっとした調理を行ったものですから、かなり簡単に作ることができるのが大きな魅力でしょう。しかし、その調理方法に比べてキムチの辛みと豚肉の旨みが絶妙にマッチする一品ですので、手軽の料理の割に満足度はかなり高い料理になります。今日は飲みたいという日のおともや、ご飯をどんどん食べたい日には豚キムチは最適なメニューです。

1.今回の豚キムチにはネギを入れますので、まずネギ一本を3cm程度の長さで切って行きます。その後、豚肉を一口サイズに切り分けて行きましょう。

2.フライパンに油をひき、まずネギの下の硬い部分から炒めるようにしていきます。また、その他の具材よりも最初に炒め始めることによってネギの香りを充分に引き出すことも目的の一つです。

3.ネギがある程度炒まれば、豚肉を入れましょう。そして豚肉をフライパンに投入すると同時にお酒を大さじ一杯ほど入れます。醤油や砂糖などその他の調味料は、キムチの味と被ってしまう可能性もあるので極力入れないようにしましょう。ただ、最後に味見をして味に物足りなさを感じれば醤油や砂糖を入れて微調整を行っても構いません。

4.豚肉の色がほんのりと変われば、残しておいたネギ、そしてメインとなるキムチをフライパンに入れて他の食材と一緒に炒めましょう。ネギがしんなりとしてキムチの持っている水気がある程度飛べば、最後に胡麻油を2滴ほど垂らして香りをつけます。以上の工程で、豚キムチの完成です。基本的にキムチの味をベースとしていることから酒と油以外の調味料を使わない料理ですので、どれだけ料理が苦手でも失敗を恐れることなく作ることができる料理になるでしょう。